フィールド日記
ANTHO PHOTOS
プロフィール
メール

植物写真家・鈴木庸夫 自然を楽しむ     2018年7月14日



夏の雲
石神井公園(東京都練馬区にて)

西日本各地を襲った大雨による被害。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

こうした今までの記録にないような大量の雨は
日本のどこに降ってもおかしくない状況だと思いますし
「ウチのあたりは絶対大丈夫」と言い切れる場所など
ないのでは・・・と思いますね。

      ・ ・ ・

大雨が去った後、暑い日が続いていますが
今週ボクはエアコンを効かせた部屋にこもってデスクワークです。

数年前に出版した「草木の種子と果実」という本の
改訂版を出すことになりその作業の大詰めなのです。


草木の種子と果実

作業で既刊の本に付箋をつけてチェックをすすめていると
本を逆さに持てばテーブルを掃くホウキとして使えそう。

      ・ ・ ・

そんななか、今日は朝からテレビをつけました。
出版社から連絡がありTBSテレビが放送する
「王様のブランチ」という番組のブックコーナーで
ボクの本「改訂版 散歩で見かける草花雑草図鑑」が紹介されるとのことで
テレビをつけたのです。




それで・・・4位ということで紹介はされたのですが
映し出された時間はわずかでなんだか拍子抜けでした。

      ・ ・ ・

このところ改訂版を2冊続けて作業をすすめていましたが
「新版」の「小学館図鑑NEO植物」に関わっていて
すでに6月末に出来上がり本屋さんに並んでいます。





海辺の植物のページ(左上のハマヒルガオはボクの写真)

帯に「図鑑売上No.1」と書かれ
前に出した旧版もよくできていましたが
新版はより内容が充実していて
そのうえDVDがついて2,000円+税という価格。
かかわったこちらが言うのもなんですが
よくこの値段でこの本が出せるよなぁ、と驚きです。

東京都練馬区にて
 更新


今日、フィールド日記ありません



---------------------------------------------------





夏の森に咲くオオバジャノヒゲ
高尾山(東京都八王子市)にて7月4日撮影


出はじめたマンネンタケ発見
高尾山にて7月4日撮影

成長途中のマンネンタケの子実体を見つけました。
この場所は去年、まだ寒い3月に
成長したマンネンタケを見つけたところなのです。


マンネンタケ
2017年3月11日撮影


マンネンタケ
2017年7月5日撮影

そしてほぼ一年前の去年の7月にはまだその個体があり、
その後、姿が見えなくなりました。

そして一年たった今年の7月に幼菌が出始めているというわけで
名の通り「万年」生きる?というわけではなさそうですが
マンネンタケの成長のサイクルはよくわかりません。

そういうわけで今後も何年かかけて観察を続けたいと思います。
(人に見つけられ採られたらだめだけど)

      ・ ・ ・


今日見た花アオギリ
石神井公園(東京都練馬区)にて7月7日撮影


石神井公園の森の道を歩いていたら
足元に花がたくさん落ちていて
頭上の大木を見上げると
ほぼ終わりですがアオギリの花発見。
涼しげに咲く大木の梢の先の花も良いものですね。

東京都練馬区にて
23:19 2018/07/07 更新


今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------







空を見ると・・・今から思うと
その後の悪天候を予想させられるような
印象が残る雲が広がっていました。
6月24日岩手県栗駒山にて。





ワタスゲ

この先のスケジュールも安泰が保証されているかのように
湿原ではワタスゲが盛大に迎えくれていて、

翌日は焼石岳登山。
雲は多いものの快適な山登りでした。

翌日の26日も晴天。
今回のメインイベントのアルパインツアーの一行と合流
そして八幡平をみなさんと楽しく散策。


イワナシ
八幡平にて


多くの花を見てみなさんと楽しみました。

ところが

秋田駒ヶ岳に登る予定のその翌日、
不運にも天候は暴風雨。
みなさんとともに温泉旅館で過ごし。
最終日の28日ようやく秋田駒ヶ岳へと登りました。


オノエラン
秋田駒ヶ岳にて6月28日撮影。

天候は思うようにはなりませんが
事故もなく、とにかく無事に終わったツアーでした。

良かったぁ・・・

東京都練馬区にて
23:01 2018/06/30 更新


今日、フィールド日記ありません



---------------------------------------------------





例年よりも多い雪が残る八幡平
2018年6月22日に八幡平の八幡沼湿原付近にて撮影



満開のコバイケイソウお花畑
八幡平の大沼にて6月22日撮影



満開のタカネスミレお花畑
秋田駒ヶ岳にて6月23日撮影


26日からのツアーの講師をするので
昨日から東北の岩手県、秋田県の山を巡っています。

昨日は八幡平の見返り峠から八幡沼湿原、八幡山付近を散策
予想に反して今年は雪が多く花は遅め。

今日登った秋田駒ヶ岳ではこれから咲く花
今ちょうど咲いている花など多くの花に出会えて
ツアーでもたくさんの花を見てもらえそう。

今夜は山の中の小安(おやす)温泉に下山後移動。

明日は栗駒山に登るのですョ。
実は今日誕生日で○△歳になったのですが
いつまでこうして山に登ることができるのか。

なんだかずっと出来そう!?

秋田県湯沢市の小安温泉にて
21:50 2018/06/23 更新


今日、フィールド日記ありません



---------------------------------------------------





ヘラノキの枝先の蕾
牧野記念庭園(東京都練馬区)にて6月15日撮影



若いのに棘があるイシミカワの伸び盛りの先端
練馬区南大泉にて6月16日撮影


このところ‘梅雨寒(つゆざむ)’という言葉がピッタリの
暖房がほしくなるようなうすら寒い日がつづいていますね。

今年、春の花は例年よりもだいぶ早く咲きましたが
この低温でこれから咲く花の時期がどうなるか心配。

こんどのツアーでみなさんに見ていただきたい
秋田駒ヶ岳のタカネスミレはどんなか気がかり。

ちょっと早いけど今週後半から下見に行くかな。

21:39 2018/06/16 東京都練馬区にて更新


今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





みどり深まるブナ林
新潟県津南町見倉にて6月9日撮影



今日見た花1・オガラバナ
新潟県津南町見倉にて6月9日撮影



今日見た花2・ヤグルマソウ
見倉にて6月9日撮影



今日見た花3・ミズタビラコ
新潟県津南町見玉にて6月9日撮影



昨日見た花・サラサドウダン
万座温泉(群馬県嬬恋村)にて6月8日撮影


関東地方も梅雨に入ったとのことですが
7日の夜の天気予報で8、9日と晴れ
その後ずっと雨が降るとのことなので
翌朝出発、草津白根山から志賀高原を経て
長野県と新潟県をまたがる秋山郷を散策
先程帰着してこのページを書いていると
雨が降りだしてきて今回の旅はグッドタイミング!

梅雨とはいっても
その期間ずーっと雨というわけではないので
タイミングを見計らって出かけると
フィールドも行き帰りの交通機関も泊まる宿でも
混むことなく気持ち良い旅ができると思いますよ。

23:26 2018/06/09 東京都練馬区にて更新



---------------------------------------------------





杉の大木の枝に咲くセッコク
高尾山(東京都八王子市)にて6月1日撮影



飛ぶキアシドクガ    上で動画を見られないときはこちらをクリックしてください。
高尾山にて6月1日撮影


葉裏にとまるキアシドクガ雄



キアシドクガ雌

昨日(6月1日)、高尾山に登ったのですが
青空をバックに森のあちこちでヒラヒラと舞う白い‘蝶’をよく目にしました。
実はこれ、蝶ではなくて蛾なのですよ。
その名は「キアシドクガ」。
「ドクガ」とついていますが幼虫も成虫も毒はないそうで
舞う姿も、葉裏や枝でとまっている様子も優雅な感じ。
好感がもてました。

幼虫はミズキやクマノミズキ、エゴノキの葉を食べるようで
見上げたミズキの葉はだいぶ喰われています。


キアシドクガに喰われたミズキの葉

木の下には葉が食べつくされて残った葉の軸だけがたくさん落ちていました。
このキアシドクガ、今年は各地で大発生しているようです。

      ・ ・ ・

高尾山ではキアシドクガをはじめ
白い綿くずのようなものを飛ばし
ヤマグワの枝先の葉裏で過ごす「クワキジラミ」も大発生。


クワキジラミのつくヤマグワの枝先


クワキジラミのつくヤマグワの葉裏

植物たちも元気でセッコクも杉の枝で満開!
ウメガサソウやカナウツギや
今日のフィールド日記に載せたムヨウランの花などと出会えました。

いい季節です!

22:36 2018/06/02 東京都練馬区にて



---------------------------------------------------





昨日見た白い花1・オオバアサガラ
丹沢山塊(神奈川県相模原市鳥谷)にて5月25日撮影



昨日見た白い花2・ウツギ
丹沢山塊(神奈川県相模原市鳥谷)にて5月25日撮影



昨日見た白い花3・アワブキ
丹沢山塊(神奈川県清川村)にて5月25日撮影



今日見た白い花・ヤマボウシ
善福寺公園(東京都杉並区)にて5月26日撮影


梅雨を前にしたこの時期白い花をよく目にします。
山の斜面を見上げると深い緑となった葉を背景に
白い花がとても目立ち、
「あそこにはウツギが咲いている、あっちのはヤマボウシだな、
あの川沿いの白い花はオオバアサガラだ!」
とそれぞれ存在を主張しているようです。

そんななかマタタビは花は白いのですが小さな花で
葉の裏で咲くので目立ちません。
そのかわり花の時期葉の先が真っ白になり遠目でも
「あそこにもマタタビがあるんだ!」とわかります。


昨日見た白い葉・マタタビ
丹沢山塊(神奈川県清川村)にて5月25日撮影


そうしたこの時期咲く白い花や葉は
きっと花粉を運んでもらうために
虫たちに「ここにいるよ!こっちへ来て!」と
アピールをしてるんじゃないかなぁ・・・

22:18 2018/05/26 東京都練馬区にて


---------------------------------------------------





マルバアオダモの花
魚沼スカイライン(新潟県南魚沼市)にて5月16日撮影



トチノキの花
秋山郷(新潟県津南町)にて5月17日撮影


新潟や長野の豪雪地帯でも
見上げる山々には雪があるものの
山里ではほぼ雪は消えちょうど田植えの時期で
森ではトチノキやノダフジなどが花ざかり。

林道で車を走らせていて満開のトチノキの大木を目にするたびに
車を停めて撮影開始。

そんなに撮ってどうするの・・・とは思うのですが
そんなトチノキを見るたびにその生命力に圧倒されて
写真を撮りたくなるのですよね。

23:26 2018/05/19 東京都練馬区にて


今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





トチノキの葉
東京都練馬区の石神井公園にて5月日6撮影


花は一段落という感じで
「イボタノキの花が咲いているな」
などとつぶやきながらの散歩で見かける花もやや少なめ。

そのかわり緑が濃くなってきて
季節の移り変わりを実感させられます。

      ・ ・ ・

昨日は関東周辺には自生していない暖地の植物
ハマビワの実が熟しているとの連絡をいただき
江ノ島方面でハマビワを撮影。
(フィールド日記に載せました。)
撮影後三浦半島を散策しました。


ハマヒルガオの花
江ノ島は左上部
鵠沼海岸にて5月日11撮影。




ハマエンドウの花
三浦半島先端の海岸にて5月11日撮影





---------------------------------------------------





トチノキの芽吹き
2018年4月29日長野県栄村の秋山郷にて


バンザイ!
山深い秋山郷にもやっと春が来たぁー
と、空に向かって叫ぶトチノキ君。


シウリザクラの蕾
秋山郷にて


バンザイ!
私も春が来て嬉しいわ とつぶやくシウリザクラさん


満開のオオヤマザクラ
秋山郷にて



新緑の山と渓谷
秋山郷にて


標高のある秋山郷の春の花は
ふつう連休が終わった後ぐらいがいいはずなのですが
今年の春は花がどこも早く咲きだし
連休前半の秋山郷では花ざかり。

天気にも恵まれ思い描いたとおりの風景に出会え
花や山の撮影を楽しみました。

      ・ ・ ・


ビワの若い実
東京都練馬区東大泉にて 5月5日撮影


関東周辺でも今年は早く咲きすすみ
あの花もこの花もどんどん咲いては終わってしまい
予定がうまく組めません。

さて、こんどはどこに行くべきか!?




---------------------------------------------------





オオカメノキ(ムシカリ)蕾
2018年4月28日新潟県の米山にて撮影



マルバマンサクの芽吹いた葉
4月28日新潟県の米山にて



畦に咲くツボスミレ
4月29日十日町市にて



雪解けすすむブナ林
4月28日新潟県の米山にて


標高差によって春の進み具合の違う新潟県の山々は
毎年たずねていてもその魅力に圧倒されます。
日本海沿いにそびえる米山に今日は長靴を履いての登山。
山道で、多くの素敵な花に出会えました。



今日、フィールド日記ありません



---------------------------------------------------





今日見た花1・ハンショウヅル
三浦半島の山中(神奈川県葉山町)にて4月21日撮影



今日見た花2・オオバウマノスズクサ
三浦半島の山中(神奈川県葉山町)にて4月21日撮影



今日見た花3・ヤブデマリ
三浦半島の山中(神奈川県葉山町)にて4月21日撮影



今日見た花4・エビネ
三浦半島の山中(神奈川県葉山町)にて4月21日撮影



今日見た蕾・サイハイラン
三浦半島の山中(神奈川県葉山町)にて4月21日撮影


サクラも終ってヤマブキも終わって
森の緑も濃くなり予報の通り今日は夏日。

山道を歩いているといろいろな花に出会いました。

目的はというと、一月ほど前にカンアオイの花に出会ったのですが
そろそろ実になり種子ができているのでは・・・
ということで行ったのですが
ちょっと早めでしたが幸運にも
初めてカンアオイの種子を見ることができました。
(今日のフィールド日記に載せました。)



今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





鳥甲山はまだ冬の装い
秋山郷の和山温泉(長野県栄村)にて4月14日撮影


東京ではソメイヨシノはとっくに花は散り葉桜なのに
秋山郷は桜はまだまだ
まだ冬なのかと思われるような風景のなか
バッコヤナギやオオキツネヤナギなどの黄色い花や
カツラの赤味をおびた花を目にするぐらいで
雪も残っていて春が来るのはしばらく先になりそう。


雪がまだ残る秋山郷の森

      ・ ・ ・

秋山郷より標高の低い越後湯沢周辺ではすでに桜は咲き出していて
スプリングエフェメラルの花たちも咲きはじめました。


もうすぐ咲く・・・蕾のイワウチワ
新潟県湯沢町にて4月12日撮影


標高が湯沢町より更に低いところに行けばもっと花が咲いているかもと
長岡市周辺に足を伸ばして低山を歩いてみたら
予想通りたくさんの花に出会えました。


花ざかりのトキワイカリソウ
新潟県長岡市にて4月13日撮影



盛大に咲くナガハシスミレ
新潟県長岡市にて4月13日撮影




---------------------------------------------------





吉野山に咲く桜
4月4日に奈良県吉野町にて撮影


桜の季節となり、
どんどん咲き進む桜の花に背中を押されるように
今週はあちこち出かけました。

4日は有名なあの吉野山の桜を見に行き
その翌日はごく最近日本に自生するサクラ属の
新種として判断されたクマノザクラを探しに行きました。

日本自生の野生の桜はわずか9種ほどで
100年前に確認されたオオシマザクラ以後確認されておらず
ようやく今年、新種としてクマノザクラが発表されたのです。

まだ咲いているこの時期、見に行かないわけにはいきません。

で、、、出会えましたよ!


紀伊半島の熊野の山奥に咲くクマノザクラ
4月5日に奈良県野迫川(のせがわ)村にて撮影



クマノザクラ
奈良県野迫川村にて


撮影した地域は標高が600メートル以上あり
まだソメイヨシノもほとん咲き始めで
木々もまだ芽吹いておらず
バッコヤナギなどの柳の花が見られるなか
咲いていたヤマザクラのような桜。
ヤマザクラはソメイヨシノよりも花期がおそいはずで
クマノザクラ以外には考えられず
花の構造を見てみるとまさしくクマノザクラ!

綺麗でした。
いい花でした。

そして、
花は待ってはくれないので翌日は高尾にある多摩森林科学園へ。


多摩森林科学園に咲く桜
4月6日に東京都八王子市廿里(とどり)町にて撮影


ここでも、見たい多くの桜に出会えました。

      ・ ・ ・

今日は桜の花見は一休み


今日見た花・散歩で出会ったツタバウンラン
東京都練馬区にて4月7日に撮影


---------------------------------------------------





今日見た花・ソメイヨシノの残り花
東京都練馬区関町にて3月31日撮影


川沿いの桜並木では舞うように花が散りまさに桜吹雪。



見下ろす水辺では散った花びらがゆったりと流れ
そこにたたずんでいるだけで時代劇の主人公になった気分!

盛大に咲いた桜が散るってちょっとせつないなぁ・・・

      ・ ・ ・


出てきたばかりのヤブレガサ
3月25日に東京都調布市にて撮影




今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





ソイヨシノの蕾に降る春の淡雪
3月21日撮影(東京都練馬区南大泉にて)


サンガイグサのお花畑に積もる淡雪
南大泉にて


東京ではソメイヨシノの開花宣言があったのに寒い日が続き
とうとう春分の日、雪が降りだしてきて
みるみる積りはじめます。
こりゃぁどっさり積もるかとおもいきや雨にかわり
どんどん溶けてしまいます。

寒いのはやだけど・・・
ちょっと残念。

      ・ ・ ・

そして三日後の今日は春爛漫。


今日見た花1・ヒロハアマナ
3月214日撮影(埼玉県所沢市にて)


今日見た花2・カタクリ
3月214日撮影(埼玉県所沢市にて)




---------------------------------------------------





3月12日に見た花・シダレヤナギ
東京都板橋区の荒川戸田緑地にて


12日に散歩した荒川の河川敷ではシダレヤナギやカワヤナギ(画面の左側)など
ヤナギ仲間が花ざかりでした。

      ・ ・ ・

今日は逗子駅からバスで海を背にして山へ向かい
早春の山を一日散策。

多くの花に出会いました。


今日見た花(3月17日)1・コクサギ雄花
神奈川県逗子市にて


コクサギ雄花のアップ



今日見た花2・ムカゴネコノメ
神奈川県逗子市にて



ムカゴネコノメの花アップ



今日見た花3・カンアオイ
神奈川県逗子市にて



カンアオイの花アップ



今日見た花4・バルタン星人!?→ナツトウダイ
神奈川県逗子市にて


目的は、カンアオイの実が見たくて
できれば種子が見たいと思ったのですが
今は花ざかり。
しばらくしたらまた行かなくちゃ・・・

21:20 2018/03/17 帰りの電車の中にて




---------------------------------------------------





「バンザイ・春が来た」
・・・という声が聞こえたように見えるキヅタの芽吹き
明治神宮(東京都渋谷区)にて



今日見た花1・シナミザクラ
渋谷区参宮橋にて撮影



今日見た花2・まだスミレの仲間の花は見られないこの時期
よく陽のあたる南向きの斜面に咲いていたタチツボスミレ
渋谷区参宮橋にて



今日見た花3・雨上がりで花がまだ開ききっていないカタクリ
明治神宮にて



今日見た花4・林の下でもう咲いていたシュンラン
明治神宮にて


コナラのドングリがたくさん落ちている林床で
ベレー帽(コナラの殻斗)を斜めにかぶって顔をだしたアミガサタケの仲間
明治神宮にて


三寒四温という言葉がありますが
このところ4月の気温の暖かい日が続くと思うと
大雨がふったり寒い日が続いたりと
目まぐるしく天気が変わりますが
確実に春はやって来ていて
今日は雨上がりの明治神宮周辺散策をしましたが
植物たちはみんな嬉しそうでした。

22:44 2018/03/10 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





膨らみはじめた冬芽1・アジサイ
神代植物公園(東京都調布市)にて3月2日撮影



膨らみはじめた冬芽2・ヤマコウバシ
去年の葉が落ちずに残っているヤマコウバシ。
枝の先の冬芽は膨らんできていてもうすぐ小さな花が咲きだします
神代植物公園(東京都調布市)にて3月2日撮影



膨らみはじめた冬芽3・キバナシャクナゲ
神代植物公園(東京都調布市)にて3月2日撮影



膨らみはじめた蕾1・ウグイスカグラ
神代植物公園(東京都調布市)にて3月2日撮影



芽吹きはじめたニワナナカマド
新宿御苑(東京都新宿区)にて3月3日撮影



膨らみはじめた冬芽4・タブノキ
神代植物公園(東京都調布市)にて3月2日撮影


フィールドでは春の気配があふれ
冬芽はずいぶん膨らんできていて
上の写真のタブノキもそうですがはちきれんばかり。

そんなタブノキですが2週間ほど前に見た
与那国島のタブノキは花が咲いていたり
もう花が終わって実が大きくなり始めている木もあったり
まだ冬芽から芽吹き始めたばかりの木があったりと
同じ種類なのに開花の時期がバラバラの感じでしたが
本州で見られるタブノキはいっせいに咲く感じ。


2月18日に撮影した与那国島のタブノキの花


四季がはっきりしている本州の方が
植物たちは開花も結実も落葉の時期も
申し合わせたようにやっている感じですね。

22:53 2018/03/03 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





今日見た花・パパイア雌花
沖縄県与那国島にて2月24日撮影


このパパイアの雌花は今日の昼食でよった
与那国島の比川(ひがわ)集落にある
与那国そばのお店の前で咲いていた花です。

それで今は東京の自宅でこのページを書いていてます。
与那国島から東京まではほぼ2100Km。
東京にもどってみると
寒さと夕暮れの早さにその距離を実感させられます。

与那国島へは花の観察と撮影のツアーの講師として 下見をかねて10日ほど前に出発。

むこうでは暑いくらいの気候の中
良い時間が過ごせました。


モンパノキ満開
沖縄県与那国島にて2月20日撮影


遠き島より流れ着くヤシの実いっぱい
与那国島にて2月20日撮影


与那国馬のいる海岸で植物観察するツアーの一行
与那国島にて2月23日撮影

      ・ ・ ・

あまり見る機会のない
向こうの花や実ともたくさん出会えました。


トウツルモドキの実
与那国島にて2月23日撮影



葉先が絡みあって茂るトウツルモドキ


他に見た花のいくつかは今日のフィールド日記に載せますね。

22:59 2018/02/24 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





夕暮れの空(2月14日午後6時50分撮影)
沖縄県西表島上原にて


ヤエヤマスミレ
西表島にて2月15日撮影

久々に西表島に来ています。
東京よりもだいぶ西にある西表島は
時差がほぼ一時間あるのですが
時計は本土と同じ時間なので
夕暮れが遅く朝明るくなるのが遅いのです。

      ・ ・ ・

翌日山へ向かい、今回一番気がかりの
咲いているか心配だったヤエヤマスミレが
微笑んでいるかのように咲いてくれていて
幸せな気分で下山できました。


沢沿いに咲くナガバノシマイナモリ
(サツマイナモリの渓流に適応した変種)
2月15日撮影

2月中旬の鬱蒼とした森に覆われた薄暗い沢筋でも
気温は20度以上あり花もチラホラと見かけられます。


町中の庭で咲く緋寒桜(ヒカンザクラ・カンヒザクラ)
2月16日西表島大原にて撮影

      ・ ・ ・

今日(16日)は大ぶりの雨
雨のきれ間に傘をさして町なかや
港近くの磯に咲く花を探しながらの散歩。

もうずいぶん咲いていますよ西表島では。


海岸に咲くイボタクサギ
大原にて2月16日撮影


海岸に咲くモンパノキ
大原にて2月16日撮影


畑のわきで咲くリュウキュウコザクラ
大原にて2月16日撮影

明日から与那国島に移動。
向こうでもたくさん花が見られることでしょう。

22:09 2018/02/16 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





昨日見た花・ハンノキ
石神井公園(東京都練馬区)にて2月9日撮影

東京では雪もだいぶ溶け
ウメの花も見かけるようになってきて
人はあまり目をとめませんかハンノキも満開!
春が来ていることを実感させられます。


池の薄氷
石神井公園にて2月9日撮影

      ・ ・ ・

今日は高尾山を散策。
東京の区部とは違いだいぶ雪が残っていました。


シャガの葉の茂る斜面に残る雪
高尾山(東京都八王子市)にて2月10日撮影

花は、と言うとまだほとんど見られません。
もう咲いてくれているかなぁ・・・と探したハナネコノメも
まだつぼみでした。


ハナネコノメのつぼみ
高尾山にて2月10日撮影

23:10 2018/02/10 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------




数年前に3人で出版した 草木の種子と果実
という誠文堂新光社刊の本があります。
その本は新しい植物分類体系APGで作ったですが
その時点まだ研究中で未決定だった部分もだいぶ確定したのでそれをとり入れ
掲載種数をふやしての改訂版をいま作っているのです。
そのため採集して保存していた種子や果実を今せっせと撮っているのですよ。

そんなわけで今週撮影した分で形が面白いものなどで
白や黒い紙の上において撮ったものを載せます。
(本に使う分は方眼紙の上に置いての写真です)


ビャクダン科ツクバネの果実
新潟県南魚沼市六日町のもの

はねつきの「つく羽根」はムクロジの種子に羽をつけたものですけど
写真のツクバネ、形が似ていてネーミングGoodですね。


イネ科ススキの果実
神奈川県伊勢原市で採取したもの

穂から離れる頃、風に乗り旅立ちます。


ガマ科コガマの果実
神奈川県清川村で採取したもの

上のススキよりもずっと小さくて
撮影では気を使いながら静かに息をしでも
ふわふわと飛んで行ってしまうのでずいぶん苦労しましたョ。


カバノキ科ウダイカンバの果実
新潟県湯沢町にて採取

幹はシラカンバほど白くなくややグレーですが良くにていて
葉も似ているけど大きな葉のウダイカンバ。
果実もやっぱりずっと大きくてしっかり飛びそう。


カバノキ科シラカンバの果実
長野県高山村にて採取

22:58 2018/02/03 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





冬芽が膨らみはじめたサンシュユの蕾に雪
東京都西東京市にて1月22日撮影

1月22日は予報では昼頃から雪になるとのことでしたが
朝からチラホラと降り出し
しばらくすると東京では見たことのないような
雪国のどんどん積もるときの降り方となってきました。


ウメの花にも容赦なく積もる雪



ヤブマメの枯れた蔓に雪



アカマツの冬芽と葉に雪


郵便局に用事があり
積もる前に行ってしまおうと長靴を履いて
一応ザックにカメラを入れ出発。

用事をすませて帰る頃には‘早’一面の銀世界。
面白い被写体がたくさん目につき撮影を楽しみました。

22:07 2018/01/27 記

今日、フィールド日記ありません



---------------------------------------------------





幕山の梅園もまだ冬の装い
神奈川県湯河原町にて1月18日撮影


梅の花の最盛期は人であふれかえる幕山の梅園から
幕山まで登ったのですが
冬のこの時期は人の姿はほとんど見られず
いい冬のハイキングを楽しみました。

梅園ではよく見るとチラホラと咲き始めていて得した気分。


梅一輪


まだ咲いていない木でも花芽はだいぶ膨らんでいました。


梅の花芽


前日は久々の大雨が降り予報では
気温は4月上旬ごろの暖かさで晴れる!と断言していたのに
到着した幕山頂上付近は厚い雲に覆われ
前日降った雨粒がまだ枝に残っていて・・・
でも、それがいい雰囲気で撮影を楽しめました。




21:26 2018/01/20 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





風に乗って飛ぶヒメガマの種子
1月13日に新宿御苑にて撮影


1月も半ばとなり冬本番!
日本海側の地域はもちろんのこと
四国や九州のそれも鹿児島や長崎で雪が積もったようで驚きです。

東京都心部でも気温が低く新宿御苑の池の氷は日中でも溶けず
ヒメガマの種子の氷の上をただよう様子がおもろくカメラを向けました。




10:44 2018/01/14 記

今日、フィールド日記あります



---------------------------------------------------





遅ればせながら参拝した東伏見稲荷神社と青空
2018年1月6日東京都西東京市東伏見にて


越したばかりの家からアクセスのよい神社で
好天に誘われお参りで
今年も頑張るぞ!という気分になれました。

      ・ ・ ・


池に浮くハスの実
上野の不忍池にて1月3日撮影


話はかわりますが、花も葉も実も個性的ともいえるハスという植物。
上の写真は不忍池を散策していて
蓮の実が池の隅に集まる様子が面白くて撮った一枚です。

今年も散歩を楽しむ、植物を楽しむ、写真を楽しむというスタンスで
このページを作っていきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

15:05 2018/01/06 記

今日、フィールド日記あります
---------------------------------------------------

トップページ_バックナンバー_2017年3月3日〜12月

トップページ_バックナンバー_2017年2月3日〜8月

トップページ_バックナンバー_2017年1月以前

トップページ_バックナンバー_もっと前




本ホームページで
使用されている記事
画像等の著作物は
著作権法等により
保護されていますので
無断使用及び無断転載
を禁止します


ボクの本をアマゾンから買えるリンク鈴木書店を作りました。
アマゾンは1500円以上の商品は送料無料ということで
重い本ですので便利だと思います。
オススメします!!

        *  *  *


フィールド日記では
扱う植物は花の時期ばかりではありませんので、
その植物を思い出すために、
僕の写真で作った図鑑
山と渓谷社刊
山渓ポケット図鑑
春の花
夏の花
秋の花
の掲載ページを入れています。
手元において
ご覧いただくと便利です。


鈴木庸夫と高橋冬氏、安延尚文氏の共著で
冬の木々を楽しむための図鑑
「樹皮と冬芽 431種」
誠文堂新光社 刊 2800円+税 が出版されました!



以前からフィールドで楽しんでいる冬芽や幹を主題に作りました!
樹のことを知るには冬に限らず役に立つと思います。

ご存知かもしれませんが以前、同じ「ネイチャーウォッチングガイド」シリーズで出した
「草木の種子と果実 632種」の続刊ともいえる本なのです。
ボクが言うのもなんですが、どちらの本もオススメします・・・と言うか
お買い求めください!

---------------------------------------------------

★★★
文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春編です
日本の野草300 冬・春―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春との姉妹編です
日本の野草300 夏・秋―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


新書版サイズの 実用 mini books 樹木図鑑が出来上がりました。
日本文芸社刊、定価は本体1200円+税です。


      *  *  *

目次

フィールド日記

フィールド日記バックナンバー

植物図鑑

ANTHO PHOTOS
プロフィール
道具箱
フイルム保管室
テーマを追って
壁紙バックナンバー
Ishi氏の紀行文
メール

鈴木書店










使用機材         

カメラ      
パナソニック LUMIX DMC-G6
パナソニック LUMIX DMC-G5
パナソニック LUMIX DMC-GF-5
パナソニック LUMIX DMC-FZ1000

レンズ  
G VARIO 14-140 f3.5-5.6
G VARIO 14-45 f3.5-5.6
G VARIO 45-200 f4.5-5.6
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
ELMARIT45mm/F2.8 ASPH
OLYMPUS BCL-0980(9mm/F8.0)




本ホームページで
使用されている記事
画像等の著作物は
著作権法等により
保護されていますので
無断使用及び無断転載
を禁止します


ボクの本をアマゾンから買えるリンク鈴木書店を作りました。
アマゾンは1500円以上の商品は送料無料ということで
重い本ですので便利だと思います。
オススメします!!

        *  *  *


フィールド日記では
扱う植物は花の時期ばかりではありませんので、
その植物を思い出すために、
僕の写真で作った図鑑
山と渓谷社刊
山渓ポケット図鑑
春の花
夏の花
秋の花
の掲載ページを入れています。
手元において
ご覧いただくと便利です。






Google
WWW を検索 鈴木庸夫の植物図鑑 を検索



Suzuki Isao