植物写真家・鈴木庸夫 自然を楽しむ       2016年12月2日




午後4時25分
もう日暮れ
代々木公園にて
12月2日撮影

日の暮れるのが早いですねぇ・・・
デスクワークをしていて
そろそろ散歩に行こうかなとおもったら早や夕方の気配。

後半は暗闇の中での散歩となりました。


日暮れ後も多くの人が散策する代々木公園
12月2日撮影

      ・ ・ ・

散歩のついでに
用があって新宿まで足を伸ばしたら
街はすでに年の瀬の慌ただしさ。
クリスマスに向けた飾り付けも目につきます。


電飾の街路樹
新宿にて
12月2日撮影

電飾の街路樹はキレイですけど
どうも好きになれません。

樹たちは電線をぐるぐるまかれ
つらそうに見えてしまいます。


その街路樹の電線を巻かれた幹

今日、フィールド日記日記あります

     


---------------------------------------------------




高尾山のタカオモミジに積もる雪
11月24日撮影

関東平野は紅葉が真っ盛りのこの時期に、降り出した雪には
天気予報では知っていたもののビックリ!
高尾山はどうなっているだろうかと長靴を履いて行ってみたところ
色づいた葉や実に積もる雪がキレイ!

時を忘れてシャッターを押し続けました。


びっくりするほど赤く色づいたコナラの紅葉


ムラサキシキブの実と葉に積もる雪


雪の載ったキササゲの実
(山麓にて)


サルスベリの実と紅葉
(山麓の住宅にて)


コバノガマズミの実と紅葉


キジョランの葉に積もる雪

      ・ ・ ・

そして翌朝は晴れ。
昨日撮影した森の様子が見たくてまた足を運んでみたところ・・・





枝々についた雪がいっせいに溶け出し
まるで雨が降っているよう。
ときたま一抱えもあるような雪の塊が落ちてきます。
運悪くそれが当たらないようにと祈るように山道を登りました。

     


---------------------------------------------------




夕暮れのイロハモミジ
紅葉は今がいい時期です
奥多摩町沢井の多摩川河川敷にて11月17日に撮影



オニドコロの黄葉もいい感じ
奥多摩町御岳にて



沢井にある小澤酒造の杉玉も茶色く色づき
新酒の時期を告げているよう
(おみやげで買った澤乃井のしぼりたては旨かったぁ)


多摩川の清流では落ち葉ならぬ流れ葉の季節
奥多摩町沢井付近にて


小春日和の一日
多摩川の河川敷でのんびり過ごしました。

はや夕暮れの気配の午後3時、
予約していた小澤酒造で酒造りの工程を見学。
最後にできたばかりの‘しぼりたて’を試飲。

たまにはこうした過ごし方もいいかも・・・

 21:47 2016/11/19 記 東京都 渋谷区にて


---------------------------------------------------




午後早くも夕暮れのような太陽に照らされて咲くイソギク
三浦半島にて11月9日に撮影

2016年もあと五十日を切り
花の季節ももう終わりという気分ですが
三浦半島の海岸ではシーズン最後の花たちが
盛大に咲いてくれていました。


波をかぶる最前線に咲くイソギク




海岸近くの草地に咲く丈の低いセンブリも満開




花も終わる頃なのにけっこう咲いてくれていたソナレマツムシソウ



s
今年もタマムラサキの花を見ることができました


      ・ ・ ・

それより二日前、11月7日に登った高尾山ではもう紅葉。
花はコウヤボウキなどわずかしか出会えませんでした。


葉をだいぶ落としたオニグルミの大木
高尾山にて

 23:05 2016/11/11記 東京都 渋谷区にて


---------------------------------------------------

10:41 2016/11/04 更新

10月末、紅葉の新潟方面を散策。
久々にホンドギツネが見られたのでアップしますね。


ホンドギツネ・秋の森のんびり散歩
新潟県のとあるブナの森の中の道にて10月30日撮影

道沿いの獲物を探しながら歩いているようでした。

キタキツネと違いキツネはなかなか出会えません。
幸運にも今回は長い時間様子が見られました。

距離をたもっていれば車はあまり気にならないようでした。
写せませんでしたが餌(ネズミ?)を獲ったところも見ましたよ。


今回行った新潟や長野の山では紅葉真っ盛り。
標高のあるところではもう冬枯れであとは雪を待つばかりでした。

しかし関東周辺の山々はこれからが紅葉シーズンです。

それで、高尾山周辺の紅葉をテーマに散策はとの思いから企画をたてました。

【高尾山・午前上りコース】
四辻の十字路・御室社と山王社


【高尾山・午後下りコース】
蛇滝と梅林

日程
11月
12(土)、13(日)
19(土)、20(日)

人のあふれる紅葉シーズンの高尾山ですが
静かなコースを選びました。

詳しくはTABICAのページでご覧ください。

      ・ ・ ・


僅かに色づきはじめたイロハモミジ
多摩川沿いの遊歩道で沢井付近にて10月23日撮影


静けさのなかの流れ
軍畑付近の多摩川にて10月23日撮影


秋の山で出会った花・リンドウ
10月25日に奥多摩の御岳山にて撮影


秋の山で出会った実・センボンヤリ
林の下一面にでていて数えたらほんとに千本はありそうでした
御岳山にて

今シーズンは多くの花が早く咲いてしまい
例年の開花シーズンに合わせて出かけると
もう終わり気味の花しか出会えずガッカリということが何度もありました。

それで紅葉も早いかと思っていると
9月ごろ、気温が低めで雨の日が多かったためか
奥多摩あたりの紅葉は例年通りかちょっと遅いかも!?

奥多摩線の沢井駅近くの多摩川沿いに
清酒「澤乃井」の酒蔵があり
ゆったり飲めるテラスがあるので
紅葉のピークにあわせて
散策の終点をそこにして夕暮れの一杯もいいかも!

 17:55 2016/10/29記 東京都 練馬区にて


今日、フィールド日記日記あります

     


---------------------------------------------------


コウヤボウキの花に来たクチナガガガンボの仲間

ガガンボの仲間が受粉の手助けをしてるんだぁ・・・
それにしてもたくさん咲いているどのコウヤボウキの花にも
このクチナガガガンボの仲間が来ていました!
10月20日に高尾山にて撮影

高尾山ではこの時期としては気温が高くて風もなく
このクチナガガガンボをはじめ虫たちも元気で
ヤブ蚊に悩まされました。

蚊よけの薬を忘れだいぶやられました。
秋とは言え油断禁物ですね。


オオヤマハコベの花
高尾山にて撮影


萼より短い小さな花なれどルーペで見ると美しい!



たくさんの腺毛もなかなか良い感じ

 23:31 2016/10/21記 東京都 渋谷区にて


---------------------------------------------------


ダイモンジソウ咲く秋の岸壁
新潟県湯沢町にて10月12日に撮影


夏には花が見られるダイモンジソウですが
新潟県の湯沢町あたりでは10月に入って
盛大に咲いている岸壁を見かけます。

花の最盛期は今頃なのかも?


実になったシャクジョウソウ
新潟県湯沢町にて10月12日に撮影


芽吹いた頃から観察を続けていたシャクジョウソウ
丸く大きな実ができていました。


バイカモの水中の花
10月11日に秋山郷(新潟県津南町)にて撮影
<
防水カメラ_オリンパスTG-4 で
水の中に咲くバイカモを撮ってみました
実はこのカメラを水につけたのは初めてですが
けっこう面白い!


若いカモシカと遭遇
10月11日に新潟県津南町にて撮影

カモシカと出会うとにらめっこになって
根負けした方(たいていこちら側)が目をそらすということが多いのですが
このカモシカ、すぐにトコトコと歩きだしました。

若者よ、おまえこらえ性がないな。

 23:33 2016/10/15記 東京都 渋谷区にて


今日、フィールド日記日記あります

     


---------------------------------------------------

10月8日更新




皆さん注目の花・ツルギキョウ
10月3日三浦半島にて撮影


三浦半島の植物観察ツアーの10月3日は雨の予報
しかし、‘晴れ女’を自認する方のおかげか
バスでの移動中は雨が降ったものの
フィールドを歩くタイミングではほとんど雨にあわず
目当ての花にも出会えて
みなさん喜んでくださったようでホッとしましたョ。


観察会の最中発見したみなさん注目の
のっしのっしと移動するイモムシ・メンガタスズメ(蛾)の幼虫
10月3日三浦半島にて撮影


      ・ ・ ・

この秋は雨が多く茸があちこちで目につきます。
代々木公園を散歩していて
キツネノタイマツを初めて見ました。


キツネノタイマツと集まる虫たち
10月4日代々木公園にて撮影


キーボードを打ってたら手元に来たアダンソンハエトリ

s


フィールド日記

--------------------------------------------------------------------------

9月30日更新
20:55 2016/09/30

先日、撮影している最中にミョウガの花の咲く様子のタイムラプス映像を
ユーチューブにアップしたのでご覧になったかと思いますが
7月11日に土から顔を出し始めたミョウガを撮り始め
ほぼ二ヶ月半たった9月24日にほぼ咲き終わったので撮影終了。
その全画像をユーチューブに載せました。



クイズ
ミョウガ一個からいくつ花が咲いたでしょう???

その答えは・・・・・

もう一度再生してカウントしてみてくださいな。

      ・ ・ ・

話はかわりますが10月3日に三浦半島の方で植物観察のツアーをやるので
連日の雨模様の合間、晴れの予報がでた27日
下見に行ってきました。

予報通り、夏のような青空のなか大汗をかきながらの下見となりました。


一日が終わり葉山町の町並みも電気が灯り始めた相模湾と富士山を望む夕暮れ
9月27日三浦半島にて撮影


そのツアーのなかで一番皆さんに見てほしい
絶滅が心配されている花ツルギキョウのところへ真っ先に行ったのですが・・・

咲いていてくれました。


見てほしい花のNo.1・ツルギキョウ
9月27日三浦半島にて撮影


9月に予定していた白根山、秋山郷、清津峡周辺の植物を周るツアーは
16号台風のために何度か下見をしたのに中止となり残念無念!

今度は晴れてくれるといいんだけど
少なくとも台風は来てくれるなよ!




トップページ_バックナンバー

--------------------------------------------------------------------------

★★★
文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春編です
日本の野草300 冬・春―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春との姉妹編です
日本の野草300 夏・秋―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


新書版サイズの 実用 mini books 樹木図鑑が出来上がりました。
日本文芸社刊、定価は本体1200円+税です。


      *  *  *

目次

フィールド日記

フィールド日記バックナンバー

植物図鑑

ANTHO PHOTOS
プロフィール
道具箱
フイルム保管室
テーマを追って
壁紙バックナンバー
Ishi氏の紀行文
メール

鈴木書店










使用機材         

カメラ      
パナソニック LUMIX DMC-G6
パナソニック LUMIX DMC-G5
パナソニック LUMIX DMC-GF-5
パナソニック LUMIX DMC-FZ1000

レンズ  
G VARIO 14-140 f3.5-5.6
G VARIO 14-45 f3.5-5.6
G VARIO 45-200 f4.5-5.6
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
ELMARIT45mm/F2.8 ASPH
OLYMPUS BCL-0980(9mm/F8.0)




本ホームページで
使用されている記事
画像等の著作物は
著作権法等により
保護されていますので
無断使用及び無断転載
を禁止します


ボクの本をアマゾンから買えるリンク鈴木書店を作りました。
アマゾンは1500円以上の商品は送料無料ということで
重い本ですので便利だと思います。
オススメします!!

        *  *  *


フィールド日記では
扱う植物は花の時期ばかりではありませんので、
その植物を思い出すために、
僕の写真で作った図鑑
山と渓谷社刊
山渓ポケット図鑑
春の花
夏の花
秋の花
の掲載ページを入れています。
手元において
ご覧いただくと便利です。


鈴木庸夫と高橋冬氏、安延尚文氏の共著で
冬の木々を楽しむための図鑑
「樹皮と冬芽 431種」
誠文堂新光社 刊 2800円+税 が出版されました!



以前からフィールドで楽しんでいる冬芽や幹を主題に作りました!
樹のことを知るには冬に限らず役に立つと思います。

ご存知かもしれませんが以前、同じ「ネイチャーウォッチングガイド」シリーズで出した
「草木の種子と果実 632種」の続刊ともいえる本なのです。
ボクが言うのもなんですが、どちらの本もオススメします・・・と言うか
お買い求めください!

---------------------------------------------------

★★★
文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春編です
日本の野草300 冬・春―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


文庫本サイズで持ち運びに便利な使いやすい図鑑
冬・春との姉妹編です
日本の野草300 夏・秋―ポケット図鑑 文一総合出版刊、定価は本体1000円+税です。


新書版サイズの 実用 mini books 樹木図鑑が出来上がりました。
日本文芸社刊、定価は本体1200円+税です。


      *  *  *

目次

フィールド日記

フィールド日記バックナンバー

植物図鑑

ANTHO PHOTOS
プロフィール
道具箱
フイルム保管室
テーマを追って
壁紙バックナンバー
Ishi氏の紀行文
メール

鈴木書店










使用機材         

カメラ      
パナソニック LUMIX DMC-G6
パナソニック LUMIX DMC-G5
パナソニック LUMIX DMC-GF-5
パナソニック LUMIX DMC-FZ1000

レンズ  
G VARIO 14-140 f3.5-5.6
G VARIO 14-45 f3.5-5.6
G VARIO 45-200 f4.5-5.6
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH
ELMARIT45mm/F2.8 ASPH
OLYMPUS BCL-0980(9mm/F8.0)




本ホームページで
使用されている記事
画像等の著作物は
著作権法等により
保護されていますので
無断使用及び無断転載
を禁止します


ボクの本をアマゾンから買えるリンク鈴木書店を作りました。
アマゾンは1500円以上の商品は送料無料ということで
重い本ですので便利だと思います。
オススメします!!

        *  *  *


フィールド日記では
扱う植物は花の時期ばかりではありませんので、
その植物を思い出すために、
僕の写真で作った図鑑
山と渓谷社刊
山渓ポケット図鑑
春の花
夏の花
秋の花
の掲載ページを入れています。
手元において
ご覧いただくと便利です。






Google
WWW を検索 鈴木庸夫の植物図鑑 を検索



Suzuki Isao