フィールド日記

では、行ってきまーす!

18:05 2016/08/18
二度目の追加更新です

台風の影響もありすっきりしない天気がつづいてますね。
長野県の北アルプスに行くつもりなのに
予報では今週末は雨のよう・・・

しかし南アルプスの方はけっこう良さそう。

そういうわけで
南アルプスの北岳に行くことにしっました。

このページは戻ってから更新するので23日になります。

では、行ってきまーす!

23:53 2016/08/12
追加更新です

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お盆期のさなか
やることがいろいろあって
ホームページになかなか時間がさけません
そういうわけで前回のページに追加更新します。


ミョウガの花


ほとんど実はならないのに
インターバル撮影しているミョウガの花が
次々に咲き続けていてビックリ!
上の写真は連続撮影の一枚で8月1日のもの


今も撮り続けているのですが
7月29日から8月9日までの様子を見てください。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






植物写真家・鈴木庸夫 自然を楽しむ       2016年8月9日




8月8日に見た花1・カリガネソウ
カヤの平湿原(長野県木島平村)にて


8月8日に見た花2・シラヒゲソウ
奥志賀林道(長野県栄村)にて



シラヒゲソウのアップ


>9月20日に出発のアルパインツアーの企画で講師をするので
まだ企画には早いのですが下見に
新潟県湯沢町から秋山郷、奥志賀林道を経て志賀高原、白根山を見てきました。

参加したみなさんに見ていただきたい花として
上の写真のシラヒゲソウやチョウジギクがあるのですが
そのシラヒゲソウ、もう咲き出していました。
蕾はたくさんあり花期としてはツアーの頃がメインなのでOKそう。

チョウジギクも蕾がたくさんできていました。


8月7日に見た花・ミヤマウズラ

新潟県湯沢町にて


ところで、湯沢町のツアーで案内するルートに咲くこの花、
ミヤマウズラなのですが
平凡社の日本の野生植物の記載には
分布域は北海道中部から九州、奄美大島で
常緑広葉樹林帯に分布となっていますが
写真の花の咲いている場所は豪雪地帯の針葉樹林下なのです。

こうした寒冷地ではよく似た
唇弁の内側は無毛のヒメミヤマウズラは見かけるのですが不思議?

植物たちの住み分けってどうなっているのかなぁ・・・

      ・ ・ ・

ところでその
ツアー
まだ空席があるようなのですが一緒に行きませんか。

 23:59 2016/08/09記 東京都 渋谷区にて


今日、
フィールド日記
日記書く時間がとれなかったので 後日アップします。

フィールド日記の目次に戻る●

次のページ
前のページ

[植物写真家 鈴木庸夫の自然を楽しむ]のトップページへ行く

Google
WWW を検索 鈴木庸夫の植物図鑑 を検索
Top page (English)