フィールド日記

今の季節、フィールドでは生命力が溢れています


花咲くトチノキ大木

秋山郷(新潟県津南町にて)


4月の下旬に訪ねた秋山郷ですが
その時はスプリングエフェメラルの花たちの盛りでした。
今回、そうした花達はどうなっているか?
まだつぼみだったものは咲いてくれているか?
見たくて同じ場所を訪ねてみました。

カタクリの群落を訪ねてみると沢山の実ができていて
今はチゴユリの群落です。

ヤマエンゴサクが沢山咲いていたところはというと
すでに実はほとんど終わっていて
葉も探して残っているものをようやく発見。

スプリングエフェメラルとの言葉どおり
一年の活動が早春のほんのわずかの期間です。

この時期はトチノキなど木の花がよく目立ちます。

トチノキの大木の下で落ちた実から芽吹いた若い木を見つけました。


実生のトチノキ







今の季節、フィールドでは生命力が溢れています。

 23:12 2016/05/13記 新潟県 湯沢町にて


今日、フィールド日記日記あります

     


フィールド日記の目次に戻る●

次のページ
前のページ

[植物写真家 鈴木庸夫の自然を楽しむ]のトップページへ行く

Google
WWW を検索 鈴木庸夫の植物図鑑 を検索
Top page (English)