フィールド日記

春の気配はまた遠のいた感じ


2月28日に弥彦山で見た花1・オウレン
新潟県長岡市寺泊野積にて


弥彦山で見た花2・オオミスミソウ



オオミスミソウの白い花


2月の下旬、温かい日が続いていたので
花が見られたらラッキーということで下見のつもりで
朝湯沢のアトリエから日帰りで弥彦山へ!
まだ雪が見られるものの
なるべく雪の少ない南斜面を散策。
幸運にもオオミスミソウをはじめオウレン、アブラチャンなど
咲き始めの花に出会えました。

しかし翌日から強力な低気圧の影響で
新潟県はどこも降雪とのこと
弥彦山のあの花達も雪に埋まりしばし休眠状態でしょう。

      ・ ・ ・


3月1日に見た実・ハナヒリノキ
新潟県湯沢町谷後にて

3月に入り降りだした雪の中スノーシューを履いて湯沢の山を散策
出会ったのは冬芽や実ばかりで春の気配はまた遠のいた感じ。

      ・ ・ ・


今日見た花1・モクレイシ
3月4日撮影_東京大学小石川植物園(東京都文京区)にて


今日見た花2・ヒマラヤキブシ
東京大学小石川植物園にて

雪の湯沢を後に東京へ戻り小石川植物園を散策してみると
木々も芽吹きだしもう春が来ています。

雪国でも今シーズンは異例の雪不足のところが多く
これで一気に暖かくなったら
スプリングエフェメラルの花達も咲き出しそう!

 22:32 2016/03/04記 東京都 渋谷区にて


今日、フィールド日記日記あります

     

フィールド日記の目次に戻る●

次のページ
前のページ

[植物写真家 鈴木庸夫の自然を楽しむ]のトップページへ行く

Google
WWW を検索 鈴木庸夫の植物図鑑 を検索
Top page (English)